リスク分散・複数物件購入|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

複数物件購入でリスクを分散させる

複数棟持つほど良い理由とは

キャッシュフロー改善だけでなくリスク分散も可能に

アパートを複数棟持つことにはたくさんのメリットがあります。

例えば不動産を5棟以上か10戸以上のいずれかを所有すれば、不動産業者として青色申告が可能になり、節税対策につながります。

そういったキャッシュフロー面だけでなく、空室リスクや災害リスクの軽減にもつながることも、複数棟持つことのメリットです。

ページの先頭へ

空室リスクがさがる

一戸空室になった際の痛手が軽減できる

複数の物件を所有することは、1件あたりの空室による損失を軽減することにもつながります。

例えば1件の空室が出た場合、2件所有している場合なら賃料の減少幅は50%となりますが、10件なら10%になります。

こうして1件あたりの空室リスクを相対的に減らせることが複数棟持つことのメリットです。

ページの先頭へ

災害事故リスクへの対処も

地震や火事、人災など避けられないリスクを軽減

アパート経営には、地震や火災、人災など、避けられないリスクがともないます。

そういった災害リスクを、複数物件の購入によって分散するという方法もあります。

ひとつの物件が何らかの災害に見舞われても、他の物件の収益で損失をカバーできるからです。その際のポイントは、異なるエリアに物件を購入すること。

例えば3つの物件を離れたエリアに所有しておけば、同じ災害に見舞われてしまうリスクを回避することが可能です。

ページの先頭へ

2棟目、3棟目は思い切って離れた場所に購入するのも

自分の知らない土地でも信頼できる企業とパートナーを組む

キャッシュフロー面でのメリットだけでなく、空室リスクや災害リスクの軽減というメリットを考えると、アパート経営においては複数棟を離れた土地に所有するというのが非常に有効な手段と言えます。

そのため、パートナーとして選ぶ不動産会社も地元物件を取り扱う会社ではなく、全国に収益物件を所有しており、管理面でも経験と実績がある会社がベストな選択と言えるでしょう。

ページの先頭へ

複数物件購入でリスクを分散させるのページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
アパートローン
アパートローンとは、住宅以外の賃貸用のマンションやアパート、賃貸用の店舗、事務所等の不動産に対するローンのことを言います。これからアパートを建設・購入しようとする人のためのローンで...

もっと詳しく