土地・建物の安全対策|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

土地・建物の安全対策

土地・建物の安全対策について

地震大国・日本において避けては通れない課題。建物強度、
各種保険を通じて、十分に備えるべし

アパート経営には、地震や火災、台風など、自然災害によって発生するリスクも存在します。ここには、建物の破損などによって発生する金銭的被害や、建物自体を修理する場合、その期間は入居者からの家賃収入が得られないというリスクも含まれます。日本は特に地震が多い国であり、これらは予測が難しいリスクなだけに、建物の強度を高めたり、各種保険に加入するなどして、十分なリスク対策を講じておく必要があります。

ページの先頭へ

土地・建物の安全対策について

地震大国・日本において避けては通れない課題。建物強度、
各種保険を通じて、十分に備えるべし

アパート経営には、地震や火災、台風など、自然災害によって発生するリスクも存在します。ここには、建物の破損などによって発生する金銭的被害や、建物自体を修理する場合、その期間は入居者からの家賃収入が得られないというリスクも含まれます。日本は特に地震が多い国であり、これらは予測が難しいリスクなだけに、建物の強度を高めたり、各種保険に加入するなどして、十分なリスク対策を講じておく必要があります。

ページの先頭へ

建物の築年数や地盤に注目

新耐震基準以降の建物か?建物以外にも
地盤の保証がなされているかなどを確認

地震対策のチェック項目として、物件の耐震性や地盤の強度などが挙げられます。耐震性であれば、1981年に法で定められた「新耐震基準」以降の建物かどうかが判断基準になってきます。また地盤であれば、物件を扱う不動産会社による地盤の調査と工事が行われているかどうか、また引渡後の保証がなされているかどうかがひとつの基準になってきます。

ページの先頭へ

災害リスクを回避するには?

考えられる災害に対する各種保険の加入、新耐震基準以降に
建てられた物件を選択する

災害リスクを回避するための代表的な対策として、住宅火災保険、住宅総合保険、地震保険などへの加入が挙げられます。また、購入物件の築年数をチェックし、1981年に定められた「新耐震基準」に則って建てられたものかどうかを確認することも大切。地盤や構造、鉄筋や壁のバランスなど、様々な安全ポイントを点検しておきましょう。

火災保険・地震保険の対象となる損害について

火災に対しては「住宅火災保険」で損害を補償することができます。しかし、台風などによる水害、事故などで受けた損害は補償されないので、「住宅総合保険」への加入もオススメです。台風による洪水の被害や入居者による自動車の飛び込み事故、給排水設備などによる水漏れなども補償してくれます。また、地震や津波の被害も考えられるので、火災保険に「地震保険」をつけておくことも大切です。

住宅火災保険 住宅総合保険 地震保険

火災、落雷、ガス爆発などの破裂
風災、ひょう災、雪災、水災

火災、落雷、ガス爆発などの破裂
風災、ひょう災、雪災、水災

自動車の飛び込みなどによる飛来
落下、衝突
給排水設備などによる水漏れ
騒じょうなどによる破壊・盗難
など

地震による火災や延焼
地震による倒壊
火山の噴火による損壊
津波による流出
地震による埋没
など

オーナー地震が住む場所と異なるエリアに物件を購入してリスク分散するという考え方も

災害リスクを複数物件の購入によって分散するという手段もあります。ただその際、異なるエリアに物件を購入することが大切です。例えば3つの物件を所有するなら、北海道、東京、九州といったように、離れた3つのエリアに分散しておけば、同じ災害に見舞われてしまうリスクは回避できます。

ページの先頭へ

土地・建物の安全対策のページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
UPREIT
UPREIT(アップリート)とは、不動産の物件所有者がその物件を、不動産投資信託に現物出資した際に、簿価と時価の差額にかかる譲渡益課税の時期を選択できる仕組みのことをさします。アメ...

もっと詳しく