家賃滞納対応・対策|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

家賃滞納への対応

家賃滞納を続くとどうなる?

オーナー個人では対処が難しい入居者の家賃の滞納、 長引くと重大な損失にも繋がる

アパート経営につきものなのが、入居者による家賃滞納です。これは収入に直接関わってくる問題であり、ローン返済などにも支障が出てくるため、回避すべきリスクとしてしっかり対策しておきましょう。具体的な対策としては、入居者審査や保証人制度、家賃滞納保証制度などがあり、これらを利用して計画的にマネジメントすることが大切です。

ページの先頭へ

家賃滞納を回避するには?

保証会社と家賃滞納保証などの契約を交わし、
滞納が発生した時に備える

家賃滞納リスクを軽減する有効な手段のひとつが、家賃滞納保証制度です。これは保証会社と契約し、入居者からの家賃滞納が発生してしまった場合に全額保証を受けられるというサービスです。毎月の家賃の4〜5%程度を支払う代わりに滞納保証を受けられるという形が一般的です。こういった制度の導入も選択肢のひとつに入れておくとよいでしょう。

家賃滞納保証サービスの活用

入居者が家賃を滞納した場合の保証のみならず、入居者への催促を代行してくれたり、トラブルになった場合の仲介をしてくれたりと、保証会社のサービスは多岐にわたります。信頼できる保証会社を見つけることもひとつのリスク対策と言えます。

家賃滞納保証サービス例

家賃滞納保証サービス例

入居者審査の基準を厳格にし、家賃滞納発生の確率を軽減する

家賃滞納リスクへの対策として、入居者審査を厳しく行うという方法もあります。例えば直接面接して信頼できる人物か判断したり、収入や国籍面で一定の条件をつけたり、必ず保証人をつけてもらったりするなどの方法があります。入居者の審査を厳しくすることには、空室リスクが高まるという側面もあるため、バランスを見極めることも大切です。

ページの先頭へ

家賃滞納への対応のページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
アパートマンション経営
アパートマンション経営 とは、新築のアパートやマンションを建てたり、中古アパートやマンションを購入し、アパートマンションのオーナーになって家賃収入を得る事を目的とした運営のことをい...

もっと詳しく