経費・資金|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

経費を計上、節税ができる

アパート経営の節税効果について

「必要経費」が認められるアパート経営

アパート経営には節税効果があります。不動産業者として「必要経費」が認められるからです。管理費や修繕費、借入金の利息や減価償却費などが経費になり、家賃収入からそれらを差し引いたものが「不動産所得」となり、これが課税対象となります。

会社員としてアパート経営をする場合、不動産所得は自分で確定申告する必要があるため、経費を多く計上できれば、それだけ課税所得を圧縮できます。

その結果、所得税や住民税の節税につながるというわけです。

ページの先頭へ

不動産所得と事業的規模について

不動産所得で赤字が出た場合、他の所得と損益通算することもできる!

不動産所得とは

家賃や共益費、駐車場代といった総収入から必要経費を引いたものが不動産所得です。これが赤字になった場合、給与所得などの他の所得と損益通算が可能なため、そこにかかる所得税を減らすことも可能です。

事業的規模の原則

アパート経営を「事業的規模」で営む場合、確定申告における青色申告制度の65万円控除を選ぶことができます。これには、アパートやマンションであれば10室以上運営していることが必要になります。

ページの先頭へ

様々な必要経費が認められる

不動産所得で認められる経費とは?

では、不動産で認められる経由というのは、一体どんなものがあるのでしょうか。

管理業者への委託費、ローン返済費、災害リスク対策の保険料、建物の減価償却費など、アパート経営には様々な支出があり、それらはすべて必要経費として計上することができます。また、不動産投資をするために、セミナーや現地調査に行く場合、そこにかかる移動費用なども雑費として計上可能です。

ページの先頭へ

相続の面でも有利に

不動産の相続税は「評価額」で決まる。アパート経営で賢い節税を!

アパート経営は相続税対策にも有効です。相続の際、投資用の不動産は時価で評価される現金や株式などと異なり、「評価額」で計算されます。

建物ならば取得価格の50%程度、土地の部分は80%程度で評価されます。さらに賃貸中であれば借家権の分が控除され、さらに評価額を下げることができます。

ページの先頭へ

経費を計上、節税ができるのページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
アパートマンション経営
アパートマンション経営 とは、新築のアパートやマンションを建てたり、中古アパートやマンションを購入し、アパートマンションのオーナーになって家賃収入を得る事を目的とした運営のことをい...

もっと詳しく