生命保険代わりになる|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

生命保険代わりになる

アパート経営が生命保険代わりになる理由とは?

万が一の場合でも、団体信用生命保険が残ったローンを返済してくれる!

不動産投資で銀行から融資を受ける場合、銀行が指定する「団体信用生命保険(団信)」への加入が義務づけられています。これにより、万が一のことがあった場合でも、ローンの残額は保険によって清算されます(最大1億円まで)。このように、経済的な損失をカバーしてくれることから、生命保険の代わりになると言えます。

ページの先頭へ

団体信用生命保険最大のメリット

土地と建物はそのまま遺族に。掛け金が割安なのも魅力のひとつ!

団信に入っていれば、保険会社がローンの残額を支払ってくれるだけでなく、土地と建物はそのまま遺族に残るというメリットがあります。月々の家賃収入を得ることもできますし、売却してまとまったお金を得ることも可能。

これは、被保険者の死亡によって受給がストップしてしまう個人年金などに比べても大きな魅力と言えます。また、掛け金が割安で、加入時の年齢による保険料の差がなく、家賃収入の中から支払い続けられることもメリットのひとつです。

ページの先頭へ

万が一の時も残された家族は安定した生活を送れる

働くのが難しくなってしまった場合も、安定した収入を
もたらしてくれるアパート経営

運良く被保険者が一命を取り留めた場合でも、その後働くことが難しくなってしまうというケースもあります。住宅ローンなどを抱えている場合、こういった収入源は非常に痛手になりますが、不動産投資ならばオーナーではなく物件そのものが安定的に収入を得てくれます。こういった、病気の備えとしてのリスクヘッジ効果も、アパート経営の魅力です。

ページの先頭へ

生命保険代わりになるのページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
UPREIT
UPREIT(アップリート)とは、不動産の物件所有者がその物件を、不動産投資信託に現物出資した際に、簿価と時価の差額にかかる譲渡益課税の時期を選択できる仕組みのことをさします。アメ...

もっと詳しく