インフレに強い|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

インフレに強い

現金や預金、債券などは、インフレ下ではハイリスクな資産に!

インフレとは、一般的に「物価が上がる」ことを意味します。

これはつまり、裏を返せば「貨幣の価値が下がる」ということでもあります。

現金はもちろんのこと、固定金利で運用される定期預金や債券などもその影響を受けやすく、時間が経つほど価値が下落してしまうため、インフレ下ではハイリスクな資産ということになってしまいます。

ページの先頭へ

物価が上がれば土地の価格も上昇!アパート経営がインフレに強いワケ

土地という資産を運用するアパート経営の場合、インフレ下では価格上昇という現象が起こります。

つまり、資産価値が増大するため、アパート経営はインフレに強い資産運用と言えます。

投資による利回りよりも物価上昇率のほうが高い時に起こる現象を「目減り」と言いますが、これが起こらないのがアパート経営のメリットのひとつです。

ページの先頭へ

インフレに強いのページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
アパートマンション経営
アパートマンション経営 とは、新築のアパートやマンションを建てたり、中古アパートやマンションを購入し、アパートマンションのオーナーになって家賃収入を得る事を目的とした運営のことをい...

もっと詳しく