中古アパート経営の特徴・価格|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

アパート経営するなら新築?中古?

新築と中古の建物の特徴はどう違う?

アパート経営には、「新築」と「中古」という大きな二つの選択肢があります。

それによって、初期投資やメンテナンス、融資の受けやすさなどが変わってきます。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の経済状況や経営方針、中長期的な目標などをよく考え、それに適した方に投資することをオススメします。

物件価格

物件そのものの価格は新築アパートよりも中古アパートのほうが安いです。

もしも中古アパートと同じ金額で、安い新築アパートを購入したいなら、条件(地域、間取り、外装、内装、設備など)などを検討しなおす必要がしょう。

家賃

家賃も、中古アパートの方が安くなります。中古アパートは、もともと安い物件価格で購入しているため家賃も安く設定することができます。

一方、新築アパートは、もともと高い物件価格で購入していますので、家賃もそれ相応に高く設定する必要がありますし、また、“新築”という付加価値もありますので、それだけ高めの家賃を設定することができます。

入居者の募集

中古アパートは購入した時点で、すでに入居者がいることがありますが、一方、新築アパートを購入した場合は、ゼロから入居者の募集をかけて、空室を埋めていく必要があります。

維持費・修繕費

中古アパートは、築年数が経過すればするほど、それだけ維持費・修繕費のリスクが高くなります。

一方、新築アパートでも、まったく維持費・修繕費がかからないというわけではありませんが、中古アパートよりはリスクは格段に低くなります。

初期費用 運用費用
新築 初期費用は高めになる一方、銀行の評価が高く、融資を引き出しやすくなり、自己資金を抑えるというメリットも。 新しい物件なので、メンテナンスなどの費用はさほど発生しない。また建物評価額が大きいため、節税面でのメリットも。
中古 購入額を抑えることができる一方で、融資の審査が比較的厳しめになり、初期費用における自己資金の割合が高くなるという側面も。 修繕費やリフォーム費用がどうしても発生。また入居者の確保も難しく、上手にマネジメントするための経験とスキルが必要に。

ページの先頭へ

このページのまとめ

新築

初期費用としての投資額は高めになってしまうものの、優良物件であれば銀行からの融資を引き出すことができ、自己負担の割合を減らすこともできます。

またメンテナンス面の心配もないため、アパート経営のビギナーには特に新築の方が運営しやすい傾向にあります。

中古

同じ規模の物件ならば新築よりも安く買えるため、利回りも高くつくというメリットがあります。

一方でメンテナンス面など、運営の難易度は新築よりも高く、アパート経営に慣れていない人や、一般の会社員の方には時間的にも難しいかもしれません。

アパート経営するなら新築?中古?のページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
アパートローン
アパートローンとは、住宅以外の賃貸用のマンションやアパート、賃貸用の店舗、事務所等の不動産に対するローンのことを言います。これからアパートを建設・購入しようとする人のためのローンで...

もっと詳しく