自己資金はどれだけあれば可能?|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

自己資金はどれだけあれば可能?

経営に必要な自己資金は300~500万円が相場。
一般的な会社員でも十分に可能?

アパートを経営するにあたって、どれくらいの資金があれば始められるのか。

「豊富な自己資金がないと無理なのでは?」というイメージはあるものの、その一般的な相場については案外知られていません。

もちろんアパートの規模によって変わってきますが、300万円以上あれば十分に始めることは可能です。

また一部の金融機関からの信頼厚い不動産会社であれば、頭金0円、100%融資でアパート経営を開始することも可能です。

ページの先頭へ

同じ自己資金でも、使い方次第で収入が変わる!?
物件を担保にした「レバレッジ効果」とは?

元手となる自己資金が少なくても、「レバレッジ効果」によって大きな収益効果を見込むことも可能です。アパート経営は不動産投資になるため、個人の信用以外に物件の担保価値が発生します。これによって銀行からの融資が受けやすくなります。

例えば、自己資金1000万円で利回り10%の物件を購入すると仮定しましょう。
1000万円の物件を全額自己資金で購入した場合、100万円の家賃収入となります。

しかし、5000万円の物件を自己資金1000万円と4000万円の銀行融資で購入した場合、500万円の家賃収入を生むこととなります。
ローン条件を金利3%、30年返済とすると、年間のローン返済額は約200万円。
500万円~200万円で約300万円の収益と、同じ自己資金でも結果は大きく変わってきます。

これがレバレッジ効果。銀行融資を上手に活用できることも、アパート経営のメリットのひとつです。

ページの先頭へ

自己資金はどれだけあれば可能?のページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
インカムゲイン
インカムゲインとは、株式の配当、債券の利子、預金等の利息収入のことです。 資産運用や投資に対するリターン(成果)のひとつで、資産を手放さずに安定的・継続的に得られる収益(所得)のこ...

もっと詳しく