高齢化社会への対策と可能性|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

高齢者人口の増加により、いよいよ本格化する
超高齢化社会

総務省が平成25年1月に発表した人口推計によれば、65歳以上の高齢者が総人口の24.3%を占めており、日本は世界に類を見ない"超高齢化社会"に突入しています。

高齢化はさらに加速し、団塊世代が65歳以上になる2015年には4人に1人が高齢者になると推計。

高齢化対策は国全体の課題になっている一方で、数少ない"成長市場"としても大きく注目されています。

ページの先頭へ

高齢者が安心して暮らせる環境が圧倒的に不足している日本

"超高齢化社会"という状況下で目下の課題になっているのが、高齢者向け住宅の不足です。

バリアフリー構造を持ち、介護・医療サービスと連携した支援が可能な高齢者向け住宅は、老人ホームなどの介護施設に比べて非常に少なく、また先進諸外国と比較しても圧倒的な不足状況にあるというのが現状です。

ページの先頭へ

高齢者向け住宅の不足と郊外の空室問題を同時に解消させる
「高齢者向けのサービス付き住宅」という可能性

生産人口の減少により、特に郊外のアパートなどで空室に悩まされている不動産経営者の方も多くいるなか、その対策として注目を集めているのが、空室に対して高齢者向けのサービスを導入して、空室一部屋単位からサービス付き高齢者向け住宅として改修するという新たな取組み。

市場の変化に合わせて、需要の高い「介護サービス」という価値を加えることで、入居率の改善が望めます。

ページの先頭へ

高齢化社会への対策と可能性のページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
インカムゲイン
インカムゲインとは、株式の配当、債券の利子、預金等の利息収入のことです。 資産運用や投資に対するリターン(成果)のひとつで、資産を手放さずに安定的・継続的に得られる収益(所得)のこ...

もっと詳しく