不動産運用ポイント|アパート経営.com

アパート経営情報サイト

不動産投資コンシェルジュがご案内いたします。 0120-54-1143

購入後の運用ポイント

賃貸管理には2つの種類がある

家賃に関する管理、物件に関する管理。
不動産管理には2種類ある

不動産の管理には大きく分けて2種類あり、家賃の集計や滞納の催促・集金といった収入面での管理と、物件の清掃や補修など、建物の関する管理になります。これらは管理会社に委託するのが一般的ですが、自分で管理していくことも可能です。

収入管理

毎月入居者から振り込まれる家賃収入を管理します。家賃の滞納があった場合は、入居者への催促や集金といった業務が発生します。

建物管理

物件を物理的に管理していきます。建物の清掃や補修、また入居者からのクレーム対応や新規入居者の募集などもここに含まれます。

ページの先頭へ

全て自分で管理するのは大変

委託料のコストはカットできるものの、様々なトラブル
はすべて自己責任で対応

不動産を自主管理していくことにはメリットとデメリットがあります。管理委託料などがかからないというメリットがある一方で、清掃から募集まですべて自分でやらねばならず、トラブルが起こった際の対応も自己責任と、様々なデメリットもついてまわります。

ページの先頭へ

賃貸管理を代行してくれる管理会社

複雑な業務は管理会社へ委託するのが一般的

家賃の集金代行や滞納者への督促、クレーム対応、物件のメンテナンスなど、これらの管理は専門家に委託することもできます。管理業務を代行してくれる代わりに、月々の家賃収入の 5~10%程度を管理委託料として支払うのが一般的です。

ページの先頭へ

信頼できる管理会社を探す

実績や積極性、家賃保証サービスなど……
安心して委託できる管理会社のポイントは?

こういった業務を安心して委託するためには、信頼できる管理会社探しが大切です。実績や積極性があり、入居者募集にも力を入れてくれる会社が望ましいでしょう。また、滞納時の家賃を保証するサービスを提供してくれる会社などもあり、サービス内容とコストのバランスを見極めることも大切です。

ページの先頭へ

購入後の運用ポイントのページです。知識ゼロからはじめるアパート経営の実践情報サイトなら「アパート経営.com」。不動産投資をお考えの方は、賃貸物件・土地・マンションの最新情報を活用して、賢く投資計画を。家賃・ローン・収入・収益・利回り・融資といった金銭的なリスク管理や、失敗談・口コミ・評判などを掲載しています。

アパート経営Q&A
オーナーズボイス
知っ得!アパート経営用語
アパートローン
アパートローンとは、住宅以外の賃貸用のマンションやアパート、賃貸用の店舗、事務所等の不動産に対するローンのことを言います。これからアパートを建設・購入しようとする人のためのローンで...

もっと詳しく