ライフスタイル

シノケンの投資用マンションが
2019 年度グッドデザイン賞を受賞

2019.10.28

株式会社シノケングループ(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:篠原英明、東証ジャスダック市場 証券コード 8909、以下グループを総称しシノケン)の子会社である株式会社シノケンハーモニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:三浦義明)が、ハーモニーレジデンス新宿御苑 THE WEST、 THE EAST の 2 棟からなるプロジェクトで、2019 年度グッドデザイン賞を受賞しましたのでお知らせ致します。シノケンとしましては、2013 年および2016 年に続き、3 度目の受賞です。

 

 

東京都新宿区にあって
古民家をモチーフとした独創的なデザイン

概要
本計画は、ハーモニーレジデンス新宿御苑 THE WEST、 THE EAST の 2 棟からなるプロジェクトで、道路を挟んで向かい合わせに位置し、新宿という大都市において、道行く人々、ここで暮らす人々に本当の豊かさとは何かと問いかける、「すき間」のある共同住宅を提案。

デザインのポイント
1.通常のエントランスにあたる部分を通り庭のような「すき間」とし、通り抜けるという機能にフォーカス。

2.新宿とは真逆のイメージ=古民家、をデザインのモチーフとすることで住み手へのメッセージに。

3.道路を挟んでの 2 棟の計画を共通のデザインコードを用いて一体的にデザイン。

シノケンのグッドデザイン賞受賞歴

2013 年 「少子高齢化」と「賃貸住宅の空室」を同時解決するビジネスモデルで受賞
高齢者安心サポート付賃貸住宅
 [アパート・マンションの空室を活用した「高齢者安心サポート付賃貸住宅」]
カテゴリ:ビジネスイノベーション、ビジネスモデル

都市部の単身高齢者人口が増加傾向にある中、依然として高齢者が賃貸住宅に入居する条件が厳しいのが現状です。シノケンは、住空間の御提供、管理に加わるライフケア分野でのグループ内シナジー創出の一環として、高齢者が低価格で入居でき、かつ安心サポートが付いている「高齢者安心サポート付賃貸住宅」を既に実現しております。今後も、ライフステージに応じ、サービス付き高齢者専用住宅、デイサービス、グループホーム等、ソフトとハード両面での強化を継続し、更なる社会貢献に努めてまいります。

 

 

2016 年 投資用アパートメントのデザイン性・機能性・コンセプトで受賞
木造賃貸アパート [New Standard(Brick)/(Platform)]
カテゴリ:住宅・住空間

 
Editor:
最終更新日:2019.10.28

おすすめ記事